みしま行政書士事務所および三島友紀FP事務所の代表の三島友紀と申します。

当サイトにご訪問いただきましてありがとうございます。このページはプロフィールページです。
お読みいただき少しでも三島という人間を知っていただけたら嬉しく思います。

プロフィール

生まれ:1984年2月7日

住所:東京都小平市

事務所所在地:東京都小平市

家族:妻と子供2人。子どもは上が小学1年生の7歳の女の子。下が2歳の男の子です。

資格:行政書士。ファイナンシャルプランナー2級/AFP。相続診断士。

趣味:旅行(特に温泉地)スポーツ観戦(野球、サッカー、テニス)

職歴:自動車ディーラーの営業や、生命保険代理店、運送業のドライバーなどを経験後FP事務所と行政書士事務所を開業しました。

 

私は東京都小平市を中心に全国のお客様に行政書士及びファイナンシャルプランナーとして相続・遺言等を中心とした家庭問題のご相談に乗らせていただいております。

経歴

大学卒業後、トヨタ系の自動車ディーラーへ就職。10年間営業として第一線で活躍。
営業としてお客様の対応をしていくうちさらにお客様に役立つ仕事がしたい。という思いからFPの勉強をし生命保険会社の代理店へ転職。

そこで相続と保険を中心に家族問題を解決にあたる仕事をしました。

行政書士の資格を志したのはこの頃です。
行政書士であれば相続の相談にのったお客様の遺言書を作成する事ができる。より深くお客様の悩みと向き合える。と勉強を始めました。

行政書士の勉強をすると実に奥深い仕事である事がわかりました。
許認可だけでなく、遺言や相続などにおいてはトラブルになる前の予防。予防法務という面において力を発揮する事ができる。一度トラブルが起きてしまうと弁護士に依頼して解決をしたとしても基本的に二度と元通りの関係性には戻れない。トラブルを未然に防ぐ事が重要だと考えていた私にとって行政書士という仕事はとても魅力的に思えました。

その後行政書士の資格を取得し、行政書士事務所とFP事務所を開業しました。
老後2,000万円問題等がニュースになったように誰もが老後のお金の問題についても悩みを抱えていらっしゃいます。行政書士として遺言を作成するだけでなく老後資金のご相談にものる事でお客様のお悩みをトータルで解決する事ができる。

私はそう考えています。

信念

私は

お客様の利益を第一に考え
お客様の幸せを最大化させ
お客様の笑顔と未来を守る

をモットーとして掲げて、日々お客様に対して真摯に寄り添った対応をさせていただいております。

世の中には「知らなかった」為に損をする事がたくさんあります。

「遺言書」を作っておくと相続手続が非常に簡単になる事をご存じでしょうか?

子供がいない夫婦で相続が発生した場合、亡くなった方の兄弟姉妹も相続人になる事をご存じでしょうか?

対策を何もしなかった場合、かなりの確率で貴方の自宅は将来空き家になってしまう事をご存じでしょうか?

高齢者に提案される「保険」や「投資信託」のほとんどはむしろ貴方にマイナスとなる事をご存じでしょうか?

法律とお金の知識があれば世の中の悩みの8割は解決できる。
私はそう信じて、今日も毎日精進しています。

ブログ



毎日ブログを更新しています。もしよろしければ覗いてみてください。